献血とは?

献血とは?

献血

献血(けんけつ)とは、輸血のためだけでなく、血液製剤や様々な薬品を製造するために無償で血液を提供することです。

 

日本では、それを「日本赤十字社」すべて手がけていて、提供された血液は感染症調査が終わったあと、各医療機関へ提供されます。

 

献血イメージキャラクター けんけつちゃん

 

献血の経緯

2013年現在になっても、完全に血液の代わりになるもの(人工血液)は開発されておらず、代替血液にも限度がある。

 

そのため、輸血には人の血液を使用せざるを得ない状況です。2005年の法改正によって「採血及び供血あつせん業取締法」が名称を「安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律」と変更した上で大幅に改正された。

 

これにより献血事業の主導権は日本赤十字社から厚生労働省に移りました。

 

しかし、現状では日本赤十字社が主に活動しているのが現実です。

 

 

>>血液の安全性と基準を見る

 

献血とは?関連ページ

血液センターQ&A
献血センター関するQ&Aをまとめてみました
血液センターの役目
血液センターの役目を記載しております。主にイメージできるのは「献血」ですが、具体的にはどのような働きを持っているのでしょうか。血液センターに興味のある方はチェックしておきましょう。
血液センターの仕事内容
献血センター関するQ&Aをまとめてみました
血液センター給料
血液センターで働く看護師の給料について記載しています。あまり公になっていない情報なので、チェックしてみてください。転職を決める際に重要なポイントになってくる「給料」について把握しておきましょう。
血液センターの数
血液センターは日本全国でどの程度あるのでしょうか。意外と知らない事実なので、この際把握しておきましょう。特に血液センターに就職したい看護師さんは覚えておくべきではないかと思います。
血液の安全性と基準
単に献血といってもそれは様々です。献血の本当の意味とは?